未分類

エステは生理の時に通えるのか

投稿日:2017年5月15日 更新日:

女性は月に一度、生理が来るので、そのときにエステの予約をしていた場合は通ってもいいのかと悩む方も少なくありません。

予約の取りにくいお店を利用していた場合は、病気ではないからいいだろうと考える方もありますが、体調万全とはいえないのでやめた方が良いでしょう。

終了間際ならかまわないでしょうが、なったばかりの人や、生理痛が重い人の場合はお休みするようにしてください。

生理中のエステでトラブル率が高くなる

痩身コースの場合は、岩盤浴やヒートマットなど、体を温めるメニューが多いので、出血量が増えてしまい、貧血を起こす可能性があります。

肌が敏感になりやすいので、マッサージで痛みを感じたり、アロマの香りで吐きそうになる人もいますし、脱毛の施術を受けると、いつもより痛いと感じたり、炎症などの肌荒れを起こしやすくなります。

エステに電話で尋ねると、受けても良いかどうかを教えてくれるので、自分で判断できない場合は尋ねるようにしてください。生理中や風邪などの病気の人はお休みを勧められることが多いので、指示に従うようにしましょう。

エステの基本は健康的な状態で施術を受けること

エステの各メニューは健康的な状態のときに受けた方が効果を発揮しやすいので、体調が万全でないときは行かないようにしてください。

施術中に気分が悪くなったり、吐き気や頭痛がするようになったら、最後まで受けられないので、お金と時間の無駄になります。女性が生理になるのは当然のことなので、急に予約をキャンセルすることになるのは仕方がないことです。

川越の人気エステで自分磨きをしたいときは焦らず、ゆっくり通うようにしましょう。

エステで痣ができやすい体質とは

エステの痩身施術を受けたあと、痣がでにきるトラブルに見舞われるお客さんがいます。痣ができるのは施術者の技術に問題がある可能性が強いので、ハンドテクニックで定評があるサロンを選びましょう。

ただ、エステティシャンの技術力にまったく問題がないのに、痣ができてしまうこともあるので注意が必要です。マッサージのあとにできる痣は、要するに内出血です。

内出血しやすい体質だと、どのサロンに行っても同じトラブルが起こってしまいかねません。また内出血するのが嫌だからエステに行くのは止そう、なんて結論に達してしまうケースも少なくありませんが、実は内出血しやすい体質の方ほど、エステのサポートが欠かせません。

内出血しやすい体質の方ほどエステに行った方が良い理由

どういうことかと申しますと、内出血しやすいのは、身体に毒素が溜まっている証拠です。体内に大量の老廃物や有害物質が蓄積され、脂肪細胞がパンパンに膨れ上がってしまっている場合、血管やリンパ管にも圧力が加えられ、循環機能がダウンしている状態です。

この状態でマッサージすると、ほんの少しマッサージしただけでも痛みを強く感じます。施術側には問題がなく、体質の問題なのに、施術者と下手だと誤解してしまうパターンも少なくありません。
循環機能が低下し、血の巡りが悪くなっていると血管壁も脆くなっているので、優しく揉んだだけでもすぐに毛細血管が切れて内出血を起こします。

そのまま放置していると内蔵の病気にもなりかねませんから、信頼できるサロンで血行とリンパ液を促進して貰い、体質を改善しなくてはなりません。
プロは絶妙の力加減で指圧するので、通ううちに内出血も起こらなくなるはずです。

-未分類

Copyright© 川越で評判!エステサロンまとめ , 2020 AllRights Reserved.